03 Program

プログラム詳細

日程
2018年 8月20日- 8月26日

開催場所
東京都内

プログラム概要
東京都内にて英語で実施される7日間の国際交流プログラムです。7日間の間に、文化体験やワークショップ、議論を行い、その成果を最終プレゼンという形で発表していただきます。本年度のテーマは「2020年東京オリンピックの課題解決」です。このテーマに沿った様々なコンテンツを用意することで、日本という社会を様々な側面で体感し、思考していただきます。また、最終プレゼンの質を保障するために、6月上旬から7月中旬まで4回に分けて事前勉強会を行う予定です。最大限のインプット・アウトプットを行い、国際的人材としての一歩をHKICを通じて踏み出すことを、弊団体は望んでおります。

参加費用
30,000円〜50,000円

スケジュール
登壇スピーカー、共催企業・NPO・NGOなどは順次更新してまいります。(以下は昨年度のスケジュールです。)

FAQ

Q. 本プログラムの参加対象を教えてください。
A. 原則として、慶應義塾大学、東京大学・京都大学の学部生(Undergraduate)を対象としています。学年(B1-B4)・学部・学科は不問となりますが、選考では学部1・2年生を優先します。他大の学生は基本対象外となっておりますが、特別な経歴があり、本プログラムに強い参加意欲がございましたら選考に通過する可能性もございます。

Q.本プログラムの参加人数・構成はどのようになっているのでしょうか?
A.Harvard Collegeの学生15名、慶應義塾大学・東京大学・京都大学の学生15名の合計30名を予定しております。少人数プログラムを徹底することにより、1週間という期間で参加者間の濃密な交流を提供します。

Q.本プログラムの参加費用、及び内訳を教えてください。
A. 参加費は¥30,000〜¥50,000です。決定次第随時更新いたします。参加費はプログラム期間の交通費・食費・宿泊費・プログラム費の全てをカバーする予定です。

Q. 本プログラムの選考過程はどのように行われますか。
A. 国内の学生は1次の書類選考、及び2次の面接(場合によってはSkype)にて決定いたします。参加者募集期間は4-5月となっております。

Q.どのような学部生が選ばれやすいのですか?
A. 決して一概に基準を述べることはできませんが、協調性を有し、日本をはじめとする国際社会へ強い関心を持ち、且つ語学や異文化等などで生じるギャップを常に埋めようとする方は望ましいです。

以上の質問に当てはまらないものがございましたら、Contact にてご連絡ください。